カテゴリーアーカイブ: SoftBank

レノボスマートフォン「Lenovo LePhone K800」を中国にて5月30日より発売


Lenovo LePhone K800

2012年1月に米国ラスベガスで行われた CES2012 のインテル (Intel) 基調講演にて発表された Atom プロセッサ Z2460 (Medfield) 搭載スマートフォン「K800」が中国にて5月30日より発売。価格3299元(約41,000円)

 

■ スペック

  • OS: Android 2.3.7 Base LeOS (4.0 バージョンアップ予定)
  • CPU: Intel Atom Z2460 Single-core 1.6GHz
  • RAM: 1GB
  • ROM: 16GB
  • サイズ: 130.5×71.2×10.95mm
  • 重量: 161g
  • ディスプレイ: 4.5インチ IPS液晶 マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 1280×720 HD
  • UI: Mondrian UI
  • カメラ: 8MP(背面 CMOS) デュアルLEDフラッシュ付 1.3MP(前面 CMOS)
  • ネットワーク: W-CDMA(850/900/1800/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: HSPA+, GPRS
  • 通信: WiFi 802.11 b/g/n Bluetooth 3.0
  • バッテリー: Li-Ion 1900mAh


W-CDMA(850/900/2100MHz)が載っていますので日本での発売も期待されます。
ドコモとソフトバンクの規格と合致しています。

Z2460 はシングルコアのプロセッサですが、ハンズオン動画をみても分かるとおり軽快な作動です。

LePhone K800 – Lenovo
http://shop.lenovomobile.com/sp/K800/lephoneK800.html

情報提供元:
Google Pad

SIMフリーの話

SIMフリーの話

現在日本の各キャリアは自社の回線を継続(普通は2年以上)して利用しやすいように2年以上使うことを条件に
各割り引きやキャンペーンをして携帯端末を安く提供しています。
話は外れますが
途中でキャリアを乗り換えなければ安く使えるのでよい事です。
逆に2年縛りが切れたタイミング(普通は1ヵ月間しかない)で他のキャリアでお得なキャンペーンがあれば乗り換えればよい。

自分のキャリアで使ってもらう為(シェアを増やす為に)に自腹を切って安く販売した携帯端末を他のキャリアで使用されては困る。
(毎月のパケット定額など3880円~を毎月課金し続ける事でアンテナの整備や通信設備の増強が実現する)

そこで

ソフトバンクモバイルで販売した携帯端末はソフトバンクモバイルで契約したSIMカードでしかデータ通信や通話ができなくしてあります
ドコモで販売した携帯端末はドコモでで契約したSIMカードでしかデータ通信や通話ができなくしてあります
auで販売した携帯端末はauで契約したSIMカードでしかデータ通信や通話ができなくしてあります
コレをSIMロックといいます。

SIMロックの掛かっていない携帯端末をSIMフリーといいます

SIMフリーの携帯端末も存在しますが 各キャリアが自腹を切っていない分 割高に見える。(コレが本来の工業製品としての価格ですが、、)
日本国外の携帯端末はSIMフリーも多いがAT&TはAT&Tしか使えないようにSIMロックされていますのですべてではありません。

またSIMフリーといってもauの携帯端末は電波形式がau専用(CDMA2000 「国内ではauだけが採用」)なのでauしか使えません

・ドコモのSIMフリー携帯端末は auのSIMでは使えません ドコモとソフトバンクモバイルのSIMを挿して使えます(LTEは除く)

・ソフトバンクモバイルのSIMフリー携帯端末は auのSIMでは使えません ソフトバンクモバイルとドコモのSIMを挿して使えます(ドコモプラスエリアやLTEは除く)

・auのSIMフリーの携帯端末(あまり見かけませんが、、)は
ソフトバンクモバイルとドコモでも使えません またauのSIMを挿しても使えませんauの販売店で電話番号(機器番号?)の書き換え(追加?)が必要です


で、、何が出来るの?

・SIMフリーのiPhoneでエリアの広いドコモのエリアが使える
ソフトバンクモバイルの900MHzが実用化になればSIMフリーのiPhoneの魅力は薄れます)

・SIMフリーの携帯端末があればソフトバンクモバイルかドコモの契約のSIMカードがあれば使える。

SMS(携帯番号のメール)は使えるがiモードメールやSPモードメールが使えないなど弊害はある
迷惑メールのフィルターなど問題はありますが
やはりメールはGmailなどのキャリアに依存しないメールに順次浸透させていくのが賢明でしょう。

・使いまわしたい場合はauのSIMカード契約はお勧めしません。


注 判りやすいようにSIMフリーと記載しましたが正確には

・ドコモ =    ドコモUIMカード またはminiUIMカード(miniと謳っていますがマイクロSIMカードと全く同じ大きさです)
・ソフトバンクモバイル =   USIMカードまたはマイクロUSIMカード
・au =   auICカード micro auICカード

が正式名称ですが コレらすべての総称をSIMカードと現在は呼んでいます。

SoftBank 4G

SoftBank 4G

ソフトバンクモバイルは、2012年2月にも新たなモバイル通信サービスも「SoftBank 4G」をはじめる
サービス開始当初は下り最大76Mbps/上り最大10Mbps、
通信方式を「AXGP」(Advanced XGP)方式と呼んでいるが、実質的にはTD-LTE方式とほぼ共通とみられる。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。